意外な組み合わせの、俳句会にマイクロバス

季節を詠む俳句の世界をご存知でしょうか。
四季折々の季語を17音に込める日本の伝統的な文化です。
また、俳句の面白いところは何人もの人達が集まって同じような風景を見ていても、人それぞれが表現する内容に違いが出てくることです。
その表現するための題材は自然のありのままであることがやはり重要です。

俳句をたしなむ友人たちと、マイクロバスを利用してみませんか。
仲間と一緒に移動して、句会を開くという経験はとても充実したものでしょう。人里離れた場所に、本物の日本の自然があるはずです。
マイクロバスの空間でくつろぎながら、または和気あいあいと話ながら、ふと俳句の良い案を思い付くというメリットもあります。

何気ない瞬間に、発想というものは降りてきます。
一人で閉じ籠っていたときには気がつかなかったことに、人との対話によってはっとするということもあるかもしれません。
17音という短いけれども、深さがあるという俳句には、人々の心情や情景が浮かんでくることに重要性があるのです。

その要素のためにはなおさら机に向かっているよりも、人との関わりが求められているはずです。
マイクロバスの移動も含めて、より良い深みのある俳句を作り出して見ませんか。